お気軽にご連絡ください。TEL. 029-875-8484
塗装が必要な理由
建物は、常に強い紫外線や酸性雨、汚染物質の影響を受けています。
地震や台風のなど自然災害の被害も直撃しているのです。

年月の経過と共に、外壁の膜は劣化、粉化してきます。
このような状態を放置したままにしておくと、
建物内部へ湿気、水分が浸入し、構造部分の老朽化を促進していきます。気になり始めたら、業者へ相談することをおすすめします。

      それでは、仕上げの種類・塗料の種類をまとめましたので、参考にしてください。

 
仕上げの種類      下地の種類・目的    屋根用シーラー   塗料の選び方
タイル仕上げ     ・シーラー          ・シーラー     ・アクリル樹脂
タイル仕上げ(押え)  ・浸透性シーラー     ・浸透性シーラー  ・ウレタン樹脂
リシン仕上げ     ・フィーラー                       ・シリコン樹脂
スタッコ仕上げ    ・微弾性シーラー                 ・光触媒塗料
サイディング仕上げ                         ・断熱塗料
 
塗料の種類                             ・これだけは気をつけよう
油性塗料/水性塗料
                     

外壁塗装

まずは外壁の塗り替えを主としますが、例えば2Fベランダ・屋根・雨漏りの箇所がわからない等、事前に十分な、調査がひつようです。
経年によるヒビや割れが生じている場合、些細な亀裂でも見逃せません。
塗装してからでは、問題個所を特定できない事にもなりかねませんので、問題点を
洗い出すことが大切です

                     
                   仕上げの種類
タイル仕上げ
紙粘土のような練り物素材(タイル)を外壁に吹きつけて、凹凸模様のパターンをつけ、その上に塗装を施します。
凸凹模様になっています。抑え仕上げと基本は同じですが模様が異なります。
劣化しても上塗りをするだけで性能が復活するのが長所ですが、上塗り材の耐久性が無いのが欠点です。

タイル仕上げ(押え)
中粒仕上げで吹きつけたタイルを、上から表面を押しつぶしたものです。現在、一番人気の施工法です。
タイル吹き付けを行った後、タイルベースの玉が半乾きの状態で、
上から押さえていくと、タイル吹き付け押さえ仕上げになります。
中粒仕上げと同様の長所と短所を持ち、上塗り材に左右されます


リシン仕上げ
アクリル系の塗料であるリシンに砂状の材料をまぜて、吹き付ける方法です。
つや消しであり、砂の凸凹が多くつくため、下地の悪さも隠せるというメリットがあります。
防水力に劣りますが、通気・透湿に優れます。またコストは安いですが、耐久性の点では劣ります。

 
スタッコ仕上げ
あらかじめ、セメントモルタルや合成樹脂を吹きつけてから塗り伸ばしたり、ローラーで押さえるなどして表面を凹凸のある粗面に仕上げる塗装法です。リシン仕上げと吹付けタイルとの両方の特徴を持ちます。
 
サイディング仕上げ
金属系サイディングは、表面にはスチールやアルミ、裏には断熱材が入っています、これを外壁に貼る工法です。
丈夫で腐食しにくい上に、品質が均一で低コストという長所があります。断熱性や耐震性、防水性に優れますが、金属ですので、
サビや腐食や傷に弱く、また物が当たったら
変形しやすいなどの欠点もあります。

サイディングの非金属系は「窯業系」とも呼ばれます。
セメントや木材などの非金属系の原料を窯で高熱処理をし製造されたサイディングの総称です。サイディングの中で最も広く使われています。
自由に様々な塗装ができ、水性系塗料・油性塗料のどちらでも使用できます。湿乾伸縮にとても弱いので、防水を施すことが必要です。

 
                                 
        塗料の種類
油性塗料/水性塗料
水性タイプと油性(溶剤タイプ)の2種類があります。
油性と水性では水性タイプの方が安価です。また、油性(溶剤)は1液型と2液型に分かれています。
1液型は缶を開けるとすぐに使える物で2液型よりも作業性に優れています。
2液型は2つの材料を混ぜて使用するもので、本来の塗膜の機能を発揮します。
但し、混同した塗料は翌日には使えなくなってしまうので作業する分のみを混同して使用するため、
作業性は1液型に比べて劣ります。


                                       下地の種類・目的

上塗りの耐久性を良くするためにも下塗りはとても重要になります。
下塗り材は壁面の状態や外装材の種類等により判断が必要です。


シーラー
塗装をする前に、塗っておく下塗り材のことです。シーラーの役割は、塗料の吸い込みを止める効果、密着力の向上が主です。
上塗り塗膜の性能を十分に発揮するために使われる下塗り材です。透明もしくは半透明で、粘度の低い液体がほとんどです。


浸透性シーラー
浸透性シーラーは、外壁塗装をする前に塗っておくことにより、浸透性が高まり下地に対して「くさび効果」が得られ、塗料の密着性を高めます。
外壁の表明層が脆弱でも、その強度を高める効果があります。耐水性や耐アルカリ性に優れ、仕上げ塗料の性能を高めます。
上塗り材の密着を高めるので、塗料の選択幅を広げることができます。


フィーラー
外壁塗装をする際に、あらかじめ下地に塗っておく素材です。膜厚が比較的つきやすいので、下地の凹凸を滑らかにする目的に使われます。
シーラーほどではありませんが、塗装の密着性を高めるのにも用いられます。
弾性・微弾性・その他の三種類にわかれますが、微弾性のものが最も広く使われています。


微弾性シーラー
微弾性フィーラーは、フィーラーの中で最も多く使われ、下地の凹凸を滑らかに調整するのに用いられる水性材料です。
柔らかく粘性のある、ゴムのような下塗り材です。それを専用のローラーで伸ばして塗布します。
外壁にあらかじめ塗ることにより、塗料の塗膜が外壁に追従しやすくします。


                                            屋根用シーラー
シーラー
屋根を塗装する際に下地に塗っておくのがシーラーです。注意する点ですが、まず屋根は雨水に濡れることが多いです。
また、阻害物質を取り除き下地を処理すると、屋根の表面はスカスカな状態になっていることが多いので、
吸い込まれても表層にシーラー層ができるまで、数回に分けて塗り重ねる必要があります。

 
浸透性シーラー
屋根を塗装する際に下地に塗るのが透過性シーラーです。
上から塗る塗料がしっかり密着しますが、シーラーを数回に 分けて重ね塗りしないと、塗料が吸い込まれてしまいます。
耐水性を高めるので、雨水が頻繁に当たる屋根に使用するのに適しています。
また塗料の選択肢を広げることができるので、屋根にふさわしくいろいろな塗料を選べます。


                                     塗料の種類・選び方

アクリル樹脂
アクリル樹脂塗料は、アクリル樹脂を塗膜形成主要素とする塗料です。
加熱により化学反応が起こって塗膜が形成される熱硬化型と、溶剤が蒸発するとともに塗膜が形成される揮発乾燥型とがあり、
後者はアクリルラッカーともいわれます。
外壁塗装に使われる塗料の中で最も安価ですが、軽量で強度も高く、透明なので素材そのものの色をはっきりと見せることができます。
また、経済的で重ね塗りができるため、短いサイクルで別の色に塗り替えることもできます。
耐用年数は4~7年で塗り替えが必要です。
油性タイプと水溶タイプがあり、溶剤系は主に打ち放しコンクリートの上塗りに用いられ、水溶系は主にモルタルやコンクリートの塗装に
用いられます。共に耐候性と耐水性に優れますが、酸性雨にはやや弱いところが弱点です。。
軽天井などの湿気が滞留しやすい箇所に塗装することが一般的です。
吹き付け塗装もできますが、周囲に飛び散るため、ローラーやハケでの塗装が一般的です。


ウレタン樹脂
ウレタン樹脂塗料は、正式にはポリウレタン樹脂塗料で5~10ほど前までは主流だった塗装方法です。
ウレタンが結合を形成することによって生成される、ポリウレタンが塗膜となる塗料のことをいいます。
従来は原液に硬化剤を混ぜるタイプが主流でしたが、これは上手く仕上げるには職人の腕に左右されます。
最近では塗料をそのまま使う1液タイプが多くなっています。
独特の肉厚感と光沢を持ち、硬度と耐候性・耐薬品性・耐油性に優れ、たわみ性がので耐摩耗性が高く、剥がれにくいという特徴があります。
また、ウレタンにはゴムのような良質な弾性があり、柔らかい物質との密着性が高いので、特に木部との相性が良いという特性があります。
そのため木造建築や縁側の床材などによく用いられます。
注意する点は、ポリウレタン塗膜の主要素であるイソシアネートモノマーには毒性があるので、
取り扱いに注意を要することです。

シリコン樹脂
シリコン樹脂にアクリル樹脂を反応させ製造された塗料です。
安全性が高く、人体にも優しい物質です。また、非常に安定した性質を持ち、紫外線でも壊れません。
その特性を活かしたシリコン樹脂塗料は、下地への付着力が強く、光沢が長持ちし色あせもしにくいです。
また、耐水性、耐薬品性、耐油性に優れ、汚れが付きにくく取れやすいという性質もあります。
さらに比較的高い耐候性も持ちます。水溶系と油性系があり、共に亜鉛メッキへの直接塗料も可能です。
費用対効果を考えると、現実的な高級塗料と言えるでしょう。


光触媒塗料
環境を考慮したエコ塗料も出廻っています。光触媒塗料は、光触媒効果と超親水現象のメカニズムを取り入れた塗料です。
自然の太陽光と雨だけで綺麗になるという、夢の新技術といえるものです。


断熱塗料
断熱塗料は、塗料の成分に特殊なセラミックビーズを含ませて、塗った素材の断熱性を高めたものです。
約0.5mmほどの塗膜がセラミックコーティングされることによって、断熱効果が生まれます


s                
                  これだけは気をつけよう

施主様の屋根の現状を知ることから始めます。よく耳にする悪質リホーム会社の営業マンが突然現れ、
強引な理屈を押し付け、高額な費用を払わされるというような詐欺まがいの業者が多く存在してる様です。
仮に高額な出費をしても、内容的に問題なければまだ救いです。なかでも悪くない箇所も手をいれたりと
後々後悔する事となりますので、十分に気を付ける必要が御座います。
最低限の知識を身につけなければなりませんが一般的に専門的な事は苦手な方がほとんどです。
まずは、地元や近所の評判が良い業者へ相談してみるのが得策といえます。友人・知人でも知識がある程度お持ちの方がいれば、安心です。ただ単にお得や安価の言葉には注意を払うことが大切です。


 
外壁塗装は実績のある弊社へお任せください。作業実績は豊富で、金額的にもリーズナブルと自負して
 おります。思いついたら即、お電話下さい。上のお問い合わせフォームからもお問い合わせいただけます。

                  

 


リノベーション・リフォーム d  外壁塗装

TOPページへ

選ばれる理由

                          だからなせるがある
                                      地元に愛され 20年 リフォーム・イノベーション・耐震施工プロフェッショナル



地域のみなさまにご愛顧頂き20年!大工歴30年の棟梁社長(現取締役社長)の
      
                   の技を引き継いだ自社職人達がお客様にじゅうぶん納得いただける にて施工させていただきます。

リフォーム・リノベーション     外壁塗装

                                    

 

松本建築株式会社
Matsumoto Architecture Co.Ltd
sekoureiichiran
松本建築株式会社
Matsumoto Architecture Co.Ltd
〒300-1234 茨城県牛久市5丁目10-10-201
TEL.029-875-8484
 FAX.029-875-8483
ビル・マンション設計施工施工  注文住宅  リノベーション・リフォーム 販売物件 売地 土地活用 不動産売却  会社概要  アクセス
  
本文へスキップ
    夢のある未来へ松本建築株式会社は未来を創造する会社です!!