俺たち、地元を愛する職人が、力をあわせて悪徳業者から地域を守る!!松本建築  代表棟梁  松本光義

当社が選ばれている5つの理由とは・・・。

  1. 自社職人による直接施工だからこそ、他社さんより5倍長い長期保証。
  2. 職人直営だからこその、中間マージンの経費がかからず、お得な工事価格。
  3. 地域のビルダーさんや工務店さんの協力指定工事店なので、技術力やマナーも安心。
  4. リフォームだけでなく新築も携わっているので、住まいの全体から見た適切なご提案。
  5. 茨城県家づくり職人協会を通じた各専門の地元職人と一緒にあなたの住まいをフォロー。

実は私の父も悪徳リフォーム業者にダマされた一人です。
だからこそ、私は・・・

松本棟梁
松本建築
代表 松本 光義(まつもと みつよし)
  • 1967年6月27日生まれ
  • 牛久市在住
  • 下根中学校第一期卒業生
  • 目標は地元で
    『家は松本のところに頼めば間違いない』
    といわれること

これは私の家族に起きた実話ですが、
私はリフォームについてとてもイヤな思い出があります。
今から7~8年前になるでしょうか。
私は結婚し、子どもが2人おりますが牛久市の実家ではなく、
つくば市のアパートに住んでいました。

そのころは、私はすでに一端の棟梁としてお客様の家づくりのお手伝いにしておりました。
ある日、久々に実家に帰ってみると・・・

なんと私が住んでいた時のタイル張りのお風呂から、
当時はやり始めたユニットバスに変わっているではありませんか!

そこで私は両親に聞きました。
『何で大工の息子がいるのに、相談の一つもなくリフォームしたの?』

私の怒りがこもり気味で聞いた質問に対して、
父から返ってきた答えは、私の想像もしないような言葉でした。

【続きが気になる方はこちらをクリックして下さい】

『光義(わたし)が忙しそうだったから』と両親は小さな声で申し訳なさそうに言いました。

私は言い返す言葉も見つからず、『済んでしまったことは仕方がない』とその場は諦めて、私の気持ちを落ち着かせてから、いつものように久しぶりの家族での団欒をしたところでもう一度話をもどし、リフォームをした理由を再度聞きました。

両親の話をまとめると次のようなことでした。

突然の訪問営業できた、担当者がとても豪華なユニットバスのパンフレットをもってきたそうです。

父は当時、東京消防庁に勤めており、仕事柄、庁舎への泊まりが多く、肉体的にも精神的にもハードな仕事だったようです。

そんな大変な生活の中で、週3日ぐらい家に帰ったときくらいゆっくりと綺麗なお風呂で疲れをとりたいと思ったそうです。

訪問営業にきたのは東京のリフォーム業者だったようですが、営業マンも人が良さそうに見えたので、これを機会にと工事の依頼をしたそうです。
その話を聞きながら父の気持ちがわかった気がして、私の怒りはどこかに飛んで行ってしまいました。

そう、リフォームの金額を聞くまでは・・・

『ところで費用はどれくらいかかったの』と私が聞きました。
それに対し、父は先ほどよりも、もっと小さな声で『300万円』と・・・
工事期間は4日程度の工事、私たち職人がやれば80万円以内には充分収まる工事です。

それに父は300万円を払ったのです。
しかも60回ローンまでして。

結局、工事後1年でユニットバスの調子が悪くなり、工事をしてくれた業者さんに電話をしましたが、対応はしてくれなかったそうです。
やむを得ずに、地元の業者さんに直していただきました。

悪徳リフォームなんて言葉が流行っていますが、まさか私の父がそれに引っかかってしまったというのは、棟梁である私としては冗談にもなりません。

遅くなりましたが、ここで自己紹介をさせていただいてもよろしいでしょうか?

私は地元の職人たちで組織する『茨城県家づくり職人協会』で専務理事を務めます、松本光義といいます。
現在は実家のある牛久市に妻と2人の子どもの4人家族で暮らしております。

そうそう、実は私は下根中学校第1回卒業生なんです。
20歳から大工の道に入りまして、今年で大工歴25年になります。
これまでに新築300棟以上リフォーム150件以上に携わり、現在は、これまでに培った技術や経験を11人の弟子たちに仕事を通しながら継承している最中です。
そんな私ですが、地元にもどって来て思ったことがあります。

牛久市は数十年前に大規模に開発がされ、当時東京に職場のあるたくさんの人たちが“通勤圏内”として移り住んできました。私の両親も私が小学生のときに東京から牛久近郊に引越をしてきたのです。

当時の一気に建てられた家が今では古くなり、ちょうどリフォームしなければいけない段階まで来ています。
それをいいことにこのあたりでは、リフォーム業者が数多くいます。
地元の工務店さんから、塗装屋さん、ガス屋さん、建具屋さんといろいろな業種からリフォームに参入してきているのです。
もちろん私も数多くの業者さんとつながりがありますので、優良な業者さんもいます。

しかし、その一方で、リフォーム業界の算入しやすいのをいいことに数多くの業者さんが必要以上の利益をとる業者や、リフォーム工事をしたら、あとはアフターの対応もロクにしてくれないという業者がいるも事実です。
これから真剣にリフォームを考えているあなたには、私の父と同じようにムダ金を捨て、ツライ思いしてほしくない。
私は地元で住み続ける以上、地元の家づくりは責任をもってお手伝いをします。

地元のお客様の声お客様の声 一覧へ >

地元のリフォーム応援団 松本建築で、お客様の声を聞いている事が、応援となり職人たちのやりがいや励みになっています!